--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
トラリピは基本的には損切しない手法です。
その性質上、保有期間が長くなる事もあるため、
高金利通貨のスワップが貰える側で仕掛けるとイイとされています。

私はトラリピ思想の自作EAや手動トラリピのような形で運用していますが、
スワップ恩恵を受けるために高金利通貨を一つは運用するようにしています。
その通貨がまさに現在進行形で下落しているトルコリラです。

実際、かなりのスワップが蓄積され、気分よくなってました。


では、トラリピで最も危険なのはどんな相場でしょうか。
トラリピに限りませんが、『逆方向にトレンドが続く』相場です。

追加でポジションを取り続けて、含み損が加速度的に増大します。
気付けばかなりの含み損になってしまうのです。

そして訪れる少しの調整。
ポジションが大きくなっている事から含み損が一時的に大きく回復、
動かし続ける事でチビチビと決済も繰り返します。

こうして加速度的に増える含み損にたえながら反転を待ちます。

耐え切ってトレンド反転したら、、、
おめでとうございます。トラリピ戦略成功です。

トレンドが継続したら、、、
資金か精神のどちらかが耐えられず、悲劇が訪れます。


このような最も危険な相場に遭遇しても

・そもそも損切しない戦略
・多大な含み損で損失先送りの心理が働く
・一時的な調整で大きく回復し、さらなる回復を期待する
・その間にも決済を繰り返し口座残高は右肩上がり

という事がトラリピの損切を難しくします。
そこに高金利によるスワップの魅力が加わり、
損切をさらに遠ざけるのです。

スワップつくから大丈夫か、、、と。

マイナススワップ側で運用している方は少数派だと思いますが、
プラススワップとマイナススワップ運用では撤退タイミングは後者が断然早いと思います。

高金利、これは利益を増やす魅力にもなりますが
判断を遅らせる原因にもなる事を自認する必要があります。

トラリピにおいては恩恵を受けるはずの高金利が、
キズ口を広げるファクターにならないよう気を付けたいです。


↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/03/07 08:51 [edit]

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://multipleincome.blog.fc2.com/tb.php/79-640d2f6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アクセスカウンタ

自作EA&ツール

注目記事

カテゴリ

FX口座残高推移

最新記事

最新コメント

カレンダー

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。