--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Fri.

ECB量的緩和発表後の方針  

発表による狂乱は起こらず、
素直に反応している感じでしょうか。
現保有通貨ペアの方針を決めました。

・EURCHF
スイスショックの余波残るこの通貨ペア。
ジワジワとスイス高が進んでますが
介入中止を受けての底値にはまだ届かず。
しかしながらダウントレンドは継続でしょうか。
底値トライがあるなら今のショートポジションを保有したままでいきます。


・USDDKK
発表を受けて期待通り、一段高いところまでいきました。
懸念していたユーロの逃避先にはなってないようで、
むしろEURDKKを見ると何故かユーロ高になっている様子。
こいつも勿論ロング保有のまま追い掛けます。


・EURNOK
これもユーロ安の方向に。
先日の両建てを解消、EAの設定を変えて売りの利幅を大きくしました。
リピートしながら今度は原油下げ止まりを待ちます。
裁量でのショートポジションは当然保有したままです。


・EURTRY
こちらもユーロ安です。
実は今回の緩和で利益側に振れる確度が一番高いと見てました。トルコ円ではなく、こちらの通貨ペアに優位性を見ていた理由の一つです。
この通貨ペアはスワップポジションを作るため完全裁量のポジションです。
もう少し様子みて、完全にダウントレンドなら積み増します。


緩和発表から一夜明けて、含み益は15万程増えていました。
週を明けていくつかのイベントをさらに越してもトレンドが続くなら、
緩和期間が2016年9月という事もあり、さらにいい状態になりそうです。

スイス介入中止とECB量的緩和で
今年はいつになく好調なスタートです。








↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/01/23 07:27 [edit]

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://multipleincome.blog.fc2.com/tb.php/53-39bb4a51
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アクセスカウンタ

自作EA&ツール

注目記事

カテゴリ

FX口座残高推移

最新記事

最新コメント

カレンダー

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。