--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Fri.

節税ー利益調整  

前回までは経費に関してでしたので、
今回は「利益を減らす」に関してです。

FXの税は確定利益のみが関与します。
つまり、決済していない評価損益は
納税額に何ら影響しないということです。
これを利用し節税する有名な方法があります。
簡単に記載すると、

①適当な通貨で両建する
②年末に含み損ポジションを決済し
③含み益ポジションはそのまま持ち越し
④年明けに含み益ポジションを決済する

これだけです。個人の場合は
1月〜12月が申告期間になるため、
申告期間には損失だけが計上され利益が減り、
納税額が減るというカラクリです。
但し、この方法は注意がいくつかあります。

(A)①を行った時と②③を行う年末年始時で
レートが離れていなければならないこと。
離れていないと損失計上出来ないので、
節税にならないです。

(B)年末年始はトレード出来ない期間があり、
②と④で決済タイミングが離れるため
その間にレートが大きく動き、
含み損と益が相殺できずに
損失側が大きくなる可能性があること。
逆に利益側が大きくなることもありえます。

(C)証拠金が必要になること。

(D)当年の節税にはなっても、
翌年の利益が増え翌年の税が上がること。


費用の申告はノーリスクですが、
こちらの方法は上記を踏まえて
実施するか判断が必要です。
また、(D)にあるように先送りしているだけで
根本的な節税にはならないのも事実です。

FXは毎年勝ち続けるのが難しいので、
利益が出過ぎた年に税という形で納めるのではなく
損失を被る可能性のある翌年に備えて
利益分を留保しておく
というイメージでしょうか。

次に続きます。

↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2014/10/31 07:03 [edit]

category: 税制・節税

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://multipleincome.blog.fc2.com/tb.php/17-859dc874
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アクセスカウンタ

自作EA&ツール

注目記事

カテゴリ

FX口座残高推移

最新記事

最新コメント

カレンダー

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。