--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
トラリピ、ループイフダン、サイクル注文を再現するEAや
それ以外のトラップナンピン手法のEAは沢山あるかと思います。

その中でも指値で決済するものと
成行で決済するものの両方が存在します。

この違いは通常あまり気になるくらいの差はあまり出ません。
EAが止まった時の事を考えると
指値が予め入っている方が安心とも言えます。
が、実はオーバーウィーク時の運用に大きく差が出たりします。

例えば相場が止まっている間に大きなイベントがあり
週明けに窓を大きく開ける事が予測されるケースです。

今回はまさにそれではないでしょうか。
週末にギリシャ問題がクローズアップされ、
週明けのユーロ系絡みの通貨ペアは窓を開ける気がします。
(開けないかもしれませんが)

そんな時、大きく窓が開くなら
利幅を広くしたい、、、と思いませんか。

◼︎指値決済型トラップEA
予め指値が入っているようなEAの場合、
相場が動き出すその時まで指値を変えられません。

オープンと同時に指値を変えようとしても
窓開けスタートで即決済されます。
窓開けしているので有利な価格になっているにも関わらず
決済価格は指値だったりします(※)

(※)
業者によって異なりますが
私の運用しているFOREXは指値での決済だったはずです。

なんとも腑に落ちないですが
業者の決済ルールなので従うしかありません。


◼︎成行決済型トラップEA
一方、成行決済型の場合はどうでしょうか。

1.あぁ、やっぱりギリシャ問題は解決しないか
2.もしかしたらユーロ通貨は窓開けるかもな
3.それならEAの設定でも変えておくか
4.月曜窓開けスタート
5.広くした利幅で決済(ニヤリ

こんな感じの運用が可能です。
予め決済価格が決まっていない成行型のEAは
相場動いたその時に決済していい価格か判別します。
ですので、週末に設定変更の猶予が生まれ
このような運用が可能になります。

正確には成行型EAは利幅変更せずとも現在価格で利確するので
窓が開くと指値決済に比べて有利なレートで決済されます。

このように同じトラップ系EAでも
指値決済か成行決済かで柔軟性に違いが出てきます。

千刻は柔軟性重視のトラップ系EAですので
決済はもちろん注文も成行型を採用しています。

また、千刻ではトレール決済機能を有しています。
既存ポジションにトレール決済を適用する仕組です。
窓開け濃厚ならトレール決済をオンにする事で
利益拡充を狙う事も出来ます。


利確側だけだとアンフェアなので
ついでに損切側も見ていきます。

◼︎逆指値損切型と成行損切型の違い

損失側に窓を開けて損切される場合はどうか。
実は予め逆指値が入っている場合と
成行決済で損切する場合で、差は出ません。

逆指値は、指定した価格に到達したら
成行で決済することを予約しているだけです。
EAで不利な価格になった瞬間に成行決済するのと
殆ど変わらないのです。

勿論、EAが止まった時の事を考えると逆指値が入っている方が
安全なのは言うまでもないです。



↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/06/28 20:22 [edit]

category: インディケーター・運用ツール

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://multipleincome.blog.fc2.com/tb.php/153-47ac7d4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

アクセスカウンタ

自作EA&ツール

注目記事

カテゴリ

FX口座残高推移

最新記事

最新コメント

カレンダー

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。