--.

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

--/--/-- --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --
以前に2014年の運用実績を載せました。
その際、約100万ほどの損失を出していると言及したのですが、
100万というのは私のFX原資相当です。

それでも2014年は私にとっては勝ち年です。
しかも2015年に繋がるいい終わり方が出来たと思っています。
以下にグラフを載せます。
ACC2014.jpg

グラフを見ての通りザックリですが、
------口座残高----評価損益----有効証拠金--
2014年初     122万      -62万      60万
2014年末      30万      +90万     120万

年間通して、確定損益 -92万に対し、評価損益+152万 です。
口座残高としては確かに100万近く減らしているのですが、
確定損益+評価損益とすると、年間+60万となり勝ち越しです。

見なし年利として有効証拠金で年利を算出するなら
年利100%(見なし年利とは勝手な言葉で、勝手な計算していますw)

ということで、大きく損失を出しているのに勝ち年です。

そして2014年のこの大損失によって、
2015年以降に向けて大きな無税枠も確保出来る訳です。
そんな訳で今年の確定申告は損失での申告を行います。


ただ、課題がない訳ではないです。
保有ポジションが資金に対して大きくなりすぎています。
適正なレベルまでポジションを減らすのか、
原資追加をするのか。
このままでいけないのは確かです。


スポンサーサイト

↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/01/31 13:06 [edit]

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

Wed.

ユーロ量的緩和 vs スイス介入  

ユロスイチャートが上げていると思ったら
スイスが介入示唆したんですね

上限撤廃と言いつつ、これ以上のスイスフラン高は容認できない
ということでしょうか

スイスフラン上限撤廃→ユーロ量的緩和→スイスフラン介入示唆と

『ユーロ量的緩和 vs スイスフラン介入』

が始まった様相です

私はユーロ量的緩和に乗ります。
・ユーロ量的緩和に対して上限維持はムリだとスイスが判断し上限撤廃した(と思っている)から
・かつての円高で日銀が介入したも円高を止められなかったから
の2点が理由です

長期的にスイスフランが強くないと判断したら決済しますが
介入示唆程度では決済するには至らないです
現在含み益が目減りしていますが、ここはガマン時です


↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/01/28 12:40 [edit]

category: 雑感

tb: 0   cm: 0
遅くなりましたが、2015年最初の運用実績です。
図中では、2014.12.29~と記されていますが、集計対象を2015年~としています。

・まずは、メインで動かしているUSDJPYです。
USDJPY20150124.jpg
円安が一服し、調整の局面で1/12週で損切りが実行され
今のところはマイナスの結果です。
ECBのユーロ量的緩和を受けてどう動くかは私には予想できませんが、しばらく様子見です。
1ドル115~120円あたりをウロウロしてくれていると嬉しいのですが、さて・・・


・ユーロ緩和を待ちわびていたEURNOKです。
EURNOK20150124.jpg
ユーロ量的緩和を受けて、これから大いに稼いで欲しいものです。
裁量ポジションもありますが、上記成績はEAのみです。


・全通貨ペア、裁量込みの結果です。
ALL20150124.jpg
1/15のスイスショックで一部のユロスイを決済したため、
大きくプラスで終えることが出来ました。
1/19週のBUYの損切りはEURNOKの両建て解消によるものです。


また、ここでは表現されていませんが、
未決済ポジションがかつてないほど望ましい状態になっています。
評価損益が大きくなりすぎて、少し感覚がおかしくなってきました。



↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/01/25 00:12 [edit]

category: 運用実績

tb: 0   cm: 0

Fri.

ECB量的緩和発表後の方針  

発表による狂乱は起こらず、
素直に反応している感じでしょうか。
現保有通貨ペアの方針を決めました。

・EURCHF
スイスショックの余波残るこの通貨ペア。
ジワジワとスイス高が進んでますが
介入中止を受けての底値にはまだ届かず。
しかしながらダウントレンドは継続でしょうか。
底値トライがあるなら今のショートポジションを保有したままでいきます。


・USDDKK
発表を受けて期待通り、一段高いところまでいきました。
懸念していたユーロの逃避先にはなってないようで、
むしろEURDKKを見ると何故かユーロ高になっている様子。
こいつも勿論ロング保有のまま追い掛けます。


・EURNOK
これもユーロ安の方向に。
先日の両建てを解消、EAの設定を変えて売りの利幅を大きくしました。
リピートしながら今度は原油下げ止まりを待ちます。
裁量でのショートポジションは当然保有したままです。


・EURTRY
こちらもユーロ安です。
実は今回の緩和で利益側に振れる確度が一番高いと見てました。トルコ円ではなく、こちらの通貨ペアに優位性を見ていた理由の一つです。
この通貨ペアはスワップポジションを作るため完全裁量のポジションです。
もう少し様子みて、完全にダウントレンドなら積み増します。


緩和発表から一夜明けて、含み益は15万程増えていました。
週を明けていくつかのイベントをさらに越してもトレンドが続くなら、
緩和期間が2016年9月という事もあり、さらにいい状態になりそうです。

スイス介入中止とECB量的緩和で
今年はいつになく好調なスタートです。








↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/01/23 07:27 [edit]

category: 雑感

tb: 0   cm: 0
量的緩和実施は予測されていた通り発表されました。

発表から20分以上経過していますが、初動は大したことなかったですね。
私自身は「どう発表されたらどう動く」・・・なんて分らないので
主にはユロドルチャートを見て方向感だけジッとみていました。

瞬間的には全ポジションともに望ましい方向に向かってはいますが、
長期的にどちらの方向に向かうのか明確には分らない状態です。

緩和期間は2016年9月までということで、
それなりに長く緩やかなトレンド発生を期待していたのですが、
すでにその多くが織り込み済みだったのでしょうか。

ひとまず慌てて決済するような場面ではなさそうなので、
全てのポジションを抱えたままもう少し様子を見ようと思います。

それにしても本日のECB会見の注目度は高かったですね。
会見のライブ映像配信はアクセス過多が原因と思われるサーバーダウンが発生していました。
それだけ世界中が注目していたのでしょう。



↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/01/22 23:03 [edit]

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

Tue.

ECB緩和声明待ち  

スイスショックの余波残る中、
今週はドラギ総裁の声明が発表されます。

さてさてどうなりますか。
私のポジションはEUR売りですので、
年末からずっとEURの緩和待ちでした。

緩和待ちだった理由は
EURCHFの防衛ラインはユーロ緩和で突破されるのでは?
と疑っていたからです。
けれども、すでにそれは事後になってしまっています。
ホールドしっ放しなのでさらにスイス高になるのかそうでないのかは注目です。

また、気を付けないといけないのはEURの資金逃避先ですね。
すでに大分織り込み済のような相場を形成していますが、
私が注目しているのは同じ欧州通貨が退避先になるのかどうかです。
ポジション的な意味で。

USDDKKのロング持ちとしては
デンマーククローネとか注意した方がいいのかな。
2014年3月あたりからユーロに対してデンマーククローネ高が続いています。
米通貨に対して欧州通貨全体で下げなら一段高ありとみて
決済せずに待っているのですが、
DKKが逃避先の一つとなって吹いてしまうなら残念ながらここで決済です

そして注目はEURNOKです。
日本では全然ニュースにならないですが
原油安の影響をもろに受けてかなり通貨安になってます、ロシア程ではないですが。

もし、ユーロ緩和からの原油底打ち、、、
なんて事になるとかなり動きそうです。
EURNOKの取引はマイナスばかりですが、これを期待に継続取引しています。

最後はトルコです。
高金利が人気の日本でオーストラリアドルやランドに変わって
トルコ円が少し流行りました。

私の口座ではその通貨ペアの扱いが無かったことも理由の一つとしてありますが
私はEURTRYのショート持ちです。

高金利通貨のお宝ポジションを作る機会になるのではないかな?と思って、昨年の終わり頃からチマチマと裁量で仕掛けてます。
ユーロ緩和で下落方向に一段と進むならスワップ用ポジションの確保になりそうです。








↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/01/20 07:53 [edit]

category: 雑感

tb: 0   cm: 0
先日の無制限介入の中止によるスイスフランショック。

利益方向にポジションを取っていたので良かったですが、
冷静に考えると逆を行っていたら確実に致命傷になっていました。

結果的に12/18のユロスイの上昇が最後の逃げるタイミングだった訳ですが、
私もその日まで買いポジションがそれなりに多く持っていました。
よくよく考えると運よく助かっただけです。

ロシアルーブルに続き、今回のスイスフラン。
こんな相場ばかり出現するのであれば、
全て吹き飛ばす覚悟でいないとFXはやれないですね。

現在、ユロスイはポジション保有したままですが、
私自身のトレードの中では単独ポジションとしては最大の含み益となっています。
決済したい衝動もありますが、鯛の尻尾はくれてやる覚悟で我慢してみようかと思います。



↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/01/17 00:41 [edit]

category: 雑感

tb: 0   cm: 0
更新滞っていましたが、これを書かざるして
何を書く、、、という出来事が起きました。

スイスが防衛ラインを放棄しました。
いつ来るかと待ち侘びていましたが、
このタイミングでした。

FXやってて久々の興奮です。

しかしです。
この時に備えて仕掛けていたトラップは
窓が空きすぎて発動せず。

予め裁量で持ってたポジションのみとなりました。
それもだいぶ利益が乗ったので、半分くらい利確。

今まで無理矢理作っていた相場の歪みは
どこまでいくのでしょうか。

ポジション持ったまま少し静観してみようかと思います。




↓↓ 新サイトはこちらです ↓↓
グリッドトレード.com
グリッドトレードシステムズ

←注目記事は左のメニューに移しました。良ければあわせてどうぞ。


↓↓ 気が向いたらポチっとお願いします ↓↓
にほんブログ村 為替ブログへ

2015/01/15 19:57 [edit]

category: 雑感

tb: 0   cm: 0

プロフィール

アクセスカウンタ

自作EA&ツール

注目記事

カテゴリ

FX口座残高推移

最新記事

最新コメント

カレンダー

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。